れすか句会

過去の話題一覧

主題「赤子」


主席 夏蝶ののぞきに来たる乳母車
(松戸市)夢野 うらら

次席
次席 大あくび嬰児の癖毛昼寝覚め
(我孫子市)八川 信也

三席
三席 嬰の瞳の中の宇宙や夏の星
(白井市)中宮 順子


【選評】
主席の「夏蝶の」の句は、思わず「夏蝶」まで「のぞきに来たる」、「乳母車」の中の赤子の無垢な表情を「のぞきに来たる」という言葉の斡旋でうまく表している。次席の「大あくび」の句は夏座敷の「嬰児」の自由で気ままな容態をうまく詠んでいる。「昼寝覚め」の送りの「め」はいらない。三席の句は「嬰」の澄んだ「瞳」を「夏の星」に見立てて素直に詠んでいる。「嬰」の無限の可能性を感じさせる広がりのある句だ。
 

【募集】
8月の主題「死」。「銀髪のそのことごとくきらめく死八木 三日女」7月27日㈪必着。投句は葉書一枚につき3句まで(未発表作品に限る)。〒277―0852 柏市旭町1―4―19―3F「れすか句会」係へ。ベスト3の作品に賞品進呈。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ