2021年11月の話題

過去の話題一覧

東葛県中学駅伝
男女初Ⅴ 常盤平が全国へ

優勝テープを切る常盤平のアンカー、女子の渡辺(左)男子の川越

  女子は2位でたすきを受け取ったアンカーの渡辺光桃(2年)が、区間賞の走りで13秒差を逆転。最後は13秒突き放し、笑顔で優勝テープを切った。渡辺はレース前、蓑和廣太朗監督にこう宣言していた。「どんな順位で来ても、絶対に1番でゴールします」。有言実行の力走だった。
 松戸市の女子が県大会を制したのは初めて。市原市の2校が2、3位に入った。1区で23位と出遅れた我孫子・白山は、2区の大森美咲(3年)が区間賞の走りで18人をごぼう抜き。3区以降の2年生3人も踏ん張り、4位に食い込んだ。
 各校のエースが集った1区は、流山・八木の今西紗世(3年)が快走。ただ1人10分を切る9分59秒の好タイムで2位以下に大差をつけ、昨年に続いて1区の区間賞を獲得した。
 男子は白山との一騎打ちに競り勝った。常盤平は全員が3年生。先頭と25秒差の3位でたすきを受けた4区の河田珠夏が区間賞の走りでトップに立ち、5区の日下理玖登、最終6区の川越駿太朗が白山の追い上げをしのぎ切った。4年ぶりの優勝を狙った白山が1秒差の2位、我孫子・久寺家が3位、松戸・古ケ崎が4位に入り、関東大会の切符を手にした。
 1区でトップと5秒差の6位でたすきをつなぎ、流れをつくった波多野素暉主将は「1秒を削り出す気持ちで走りました。全員でつかんだ優勝です」と仲間と喜びを分かちあった。
 松戸市生まれの蓑和監督は、中学時代から中長距離選手として活躍。東洋大を卒業後、教員になった。常盤平に赴任して5年目。大学で酒井俊幸監督らの指導を受けて培った「1秒を削り出す精神」を、教え子たちが体現してみせた。 男子第72回、女子第36回千葉県中学校駅伝大会(朝日新聞千葉総局など後援)が11月6日、柏市の県立柏の葉公園の周回コースであった。女子は5区間12・53㌔、男子は6区間18・60㌔で争われ、男女とも松戸市立常盤平中学校が初優勝した。両チームは県代表として、2年ぶりの開催となる全国大会(12月19日・滋賀県)に出場。男女の上位4校は関東大会(同5日・栃木県)に出場する。

4位までが関東大会へ

■女子成績
①松戸・常盤平 43分44秒(岩永青葉、堀由佳、松島和花、吉田葉澄、渡辺光桃)
②市原・有秋 43分57秒
③市原・五井 44分02秒
④我孫子・白山 44分35秒
⑤我孫子・久寺家 44分46秒
⑥柏・大津ケ丘 44分55秒
⑦流山・八木 45分02秒
⑧柏・田中 45分26秒

■男子成績
①松戸・常盤平 56分51秒(波多野素暉、和久井夏輝、本谷謙仁朗、河田珠夏、日下理玖登、川越駿太朗)
②我孫子・白山 56分52秒
③我孫子・久寺家 57分27秒
④松戸・古ケ崎 58分19秒
⑤流山・常盤松 58分26秒
⑥流山・北部 58分43秒
⑦柏・酒井根 58分45秒
⑧野田・南部 58分47秒

SDGs わが街の一歩 持続可能な開発目標10松戸で消費生活パネル展
未来を考えるって 楽しい

 「松戸市消費生活パネル展」が10月5日から15日まで「未来を考えるって、楽しい。」をテーマに市役所1階通路で開催され、市民団体や学生など、15の団体が日頃の研究成果を展示発表した。
 NPO法人松戸エコマネー「アウル」の会による、廃食用油リサイクルについてのパネルを熱心に見ていた60代の女性は「油は固めて捨てていますが、回収してもらえるとは知らなかった。唐揚げが好きな息子のために揚げ物をよく作るので、利用してみたいと思います」と好評。アウルの会では、廃食用油を市内の拠点21カ所で回収し、500㍉リットルにつき、地域の協賛店で使える通貨「アウル券」10円相当と交換。買い物にアウル券を使用することで、地域活性化を推進する仕組みだ。さらに、回収した廃食用油はゴミ収集車の燃料などに再利用される。同市ホームページ上で「デジタル消費生活パネル展」が閲覧可能。未来をご一緒に。

発売中手賀沼の野鳥カレンダー
煌めく命の瞬間 12羽

限定100部・1部600円

  手賀沼周辺で撮影された四季折々の野鳥を満喫できる、人気の月めくりミニカレンダー2022年版を発売中。身近な野鳥たちが手賀沼の自然の中で見せる、煌く命の瞬間を見事に切り取った12枚。B5判ミニサイズ・フルカラー。朝日れすか編集室編。頒布価格は1部600円(税込)。
 お申し込みは、お近くのASA、またはTEL04(7143)4021 朝日れすか(平日10時~17時)へ。

野田一中科学部が最速Ⅴ
ソーラークッカー全国大会

自作のソーラークッカーで湯を沸かす中学生

  太陽光を利用して調理したり、お湯を沸かしたりする「第7回ソーラークッカー全国大会」が10月30日、野田市の清水公園で開催された。主催は東葛エリアソーラークッカー大会実行委員会(太田安則会長)で、県内をはじめ、東京都、茨城県、山梨県、長野県など近隣から13チームが出展。温暖化防止活動の推進と防災、エコライフ、循環型社会をアピールした。
 中高生が対象のジュニア大会は湯沸かし部門に9チーム約70人が参加。創意工夫を凝らした個性豊かなソーラークッカーで、アルミ缶に入った水200㍉リットルを加熱し、40分以内に90度にする早さを競った。
 競技は野田市立第一中科学部と、西武台千葉中高科学特捜隊が順調に加熱を進め他チームをリード。後半に入ると野田一中が西武台千葉を大きく引き離し、19分24秒で見事、初優勝。西武台千葉は33分45秒で2位。流山市立南部中のSiriusが3位だった。
 優勝した野田一中3年の大竹翔也さんは「装置は去年と同じですが、三脚を工夫して安定して温度を上げられるようにしました」と勝因を冷静に分析した。
 同校科学部顧問の酒井拓覧教諭は「天候に恵まれ、和気あいあいとできてよかったです。生徒たちには、この経験を将来に役立ててほしい」と話した。

野田鎌田学園チーム
スイーツ甲子園で初優勝

チーム「blue star」

 高校生パティシエナンバーワンを競う「第14回スイーツ甲子園決勝大会」に野田鎌田学園高等専修学校が7年ぶりに進出し、見事、初優勝(文部科学大臣賞)の快挙を達成した。
 メンバーは2年生の豊田結莉さん、長谷川綾姫さん、佐藤光さんの仲良し3人組。今春、甲子園出場を目指してチーム「blue star」を結成し、校内選考を勝ち抜き、スイーツ甲子園予選のレシピ審査でも選ばれ、8月の東日本予選を突破。テーマはクリスマス。担当の岡安亜佐子教諭は「ま じめで黙々と取り組み、助け合う良いチーム」と話す。
 決勝大会は11月7日、東西の代表2校ずつが参加し、東京で行われた。審査員には凄腕パティシエの鎧塚俊彦氏など、豪華な顔ぶれが並んだ。3人は「憧れの大会で優勝できて驚いている。応援してくれた友人や家族、先生方にお礼を言いたい」と笑顔で話した。
 大会前、「優勝してパリに行く」と宣言した通り、7年前の準優勝の成績を上回り、優勝の栄冠に輝いた。

柏駅の新待合所
ソラニワテラス誕生

柏駅南口に設置されたソラニワテラス

  柏駅南口の自由通路に、ベンチや植栽が並ぶ「ソラニワテラス」が出現した。これは柏駅周辺のまちづくりに取り組む一般社団法人柏アーバンデザインセンター(UDC2)による実証実験で、自由通路に新たな待ち合わせ空間を創出し、快適な過ごし方や魅力的なデザインについて検証する。
 柏駅の周辺には緑が少ないため、開放的で緑を感じさせる「空」と「庭」をテーマにした空間として、人工芝を敷き、花壇や鉢植えを配置。ベンチでひと休みしていた利用者からは「今後も利用したい」と好意的な声が寄せられている。設置は12月19日まで。
 UDC2の梅岡恒治ディレクターは「通勤・通学の通路でもあるので、短期滞留が多い印象。通行と滞留のバランスを探っていきたい」と駅周辺の魅力アップに意欲的だ。

天声人語勉強会
12月受講生募集

少人数での勉強会の様子

 ASA柏文化サロンでは、朝日新聞の人気コラム「天声人語」を活用した勉強会を開催している。選りすぐりの天声人語のほか、谷川俊太郎の詩なども題材に、音読や意見交換を行う。文字情報を声に出して読むことで脳を刺激し、記憶力などを活性化できると好評だ。講師は朗読教室「美宙」主宰の三浦喜代子氏。
 参加者からは「内容を詳しく、深く掘り下げることが非常に勉強になり、物事の見方が広まる」などの声が寄せられている。
 次回の天声人語勉強会の受講者を募集中。少人数制で電話先着10人。

日時/12月16日㈭ 10時~11時
場所/ASA柏文化サロン(柏駅東口徒歩3分)
受講料/500円(資料代含む)
 お申し込みは、TEL 04(7143)4021 朝日れすか編集室(平日10時~17時)へ。

国際短編映画祭受賞記念12/18(土)「トランペット」上映会
流山出身の曽根麻央さん主演

  流山市出身でプロのジャズトランぺッター曽根麻央さん(30)が主演する短編映画「トランペット」が、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2021」のインターナショナル部門でオーディエンスアワード(観客賞)に選ばれた。
 米アカデミー賞公認の映画祭で、俳優の別所哲也さんが主宰することでも知られている。今回約2400作品の応募から32本に絞られ、視聴者投票で受賞した。
 プロを目指す日本の若者が米ニューヨークの空港に到着した夜から翌朝までに体験した出来事を約17分の短編映画にしたものだ。英語が話せないまま渡米。空港から乗ったタクシーで目的地とは違うところに降ろされた時の出会い、疲れ果てて路上に座り込みトランペットを吹くシーンでの出会いなど、様々な人とのかかわりから思わぬ出来事に遭遇する。
 主演と音楽を担当している曽根さんは高校卒業後、単身渡米、ボストンのバークリー音楽大学を首席で卒業。国際的に権威ある賞を多数受賞している。今回の映画出演は、米在住のスイス人監督、ケビン・ヘフリン氏(31)が大学の卒業制作で国境などの壁をテーマに曽根さんに出演交渉をして実現したもの。曽根さんは「自分の経験に基づく部分もあり、音楽は夢や希望、理想などを求め、様々な壁を乗り越えられるというメッセージを伝えている」と話す。

れすか読者50人ご招待
 朝日れすかでは、上映会を企画。キネマ旬報シアター柏で12月18日㈯、14時~15時。上映会後には曽根さんによる講演と演奏も予定。

【応募方法】
 ハガキに住所、氏名、電話番号(同行者同様に2枚まで)を書いて、〒277―8691柏郵便局内私書箱46号 朝日れすか「トランペット」係へ。11月30日(火)必着。応募多数の場合、抽選。招待券を直送。
※HPからの応募はこちら
https://www.resuka.co.jp/present/

 

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ