われら太陽王

過去の話題一覧

呉屋2G ホームで勝利
1勝3敗厳しい船出

 2021J1リーグが開幕。われらが柏レイソルは3月6日の第2節、湘南ベルマーレをホーム三協F柏に迎え、2―1で勝利。ホーム白星発進だ。
アウエーでの開幕戦はセレッソ大阪に0―2で敗れ、ルヴァンカップの初戦も横浜FCに0―1で惜敗したレイソルだったが、イレブンが奮起。FW呉屋大翔が2ゴールを決めてスタジアムは大きな拍手に包まれた。
両チームともに今季無得点で迎えたJ12戦目。前半14分、FWクリスティアーノのサイドを大きく変えるパスを右サイドで受けたDF高橋峻希のクロスに、FW呉屋大翔が上手く頭で合わせ先制。前半終了間際、湘南に1点を許すも、後半途中、MF大谷秀和が投入されるとレイソルがゲームを支配。21分にMFヒシャルジソンのクロスを新加入のMF椎橋慧也が頭で呉屋へ。呉屋はダイレクトに左足で押し込みゴールを決め、勝ち点3を獲得した。
ネルシーニョ監督は「我我が縦に急ぎすぎていた分、なかなかボールを握ってテンポを作るということができていなかったので、あの時間帯に大谷を入れ、落ち着かせてからもう一度攻撃の形を作ろうという狙いがあった。今日の試合はリーグ戦を戦っていく上で非常に重要な勝利だったと思う」と話した。
中3日、続く10日もホーム戦。名古屋グランパスと対戦したレイソルは、惜しくも0―1で敗れた。
前節の勢いを期待したサポーターの熱い視線の中、昨季最少失点の名古屋守備陣を崩し切れず後半13分、一瞬の隙をつかれ名古屋MF稲垣祥にゴールを許した。
タイトな5連戦の3戦目、13日の第4節、昨年の王者川崎フロンターレとのアウエー戦は、立ち上がり川崎に主導権を与えず守備陣が奮闘するも0―1で連敗。
リーグ戦1勝3敗(3月13日現在)と厳しい船出になったレイソル。決定力不足が課題か。
5連戦の最後、3月21日はホームに清水エスパルスを迎える。16時キックオフ。

  
   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ