イベント情報

過去のイベント一覧

東葛いろいろ

4/10~熱血の旅行作家 山本鉱太郎展
柏・大洞院ギャラリーで

 激動の時代を潜り抜け、放送作家を経て旅行作家第一号と評される山本鉱太郎さん(流山市在住)の作品展が、柏市の大洞院ギャラリーで開催。
 山本さんは全国を巡り民芸や温泉、郷土料理、祭礼、文学など多岐にわたって取材し、著書はなんと100冊を超す。今回は著作のほか、放送台本、演劇台本、写真など情熱とロマンに満ちた資料を多数展示。期間中の4月11日(日)、同院本堂で14時から講演会「人生思いたった日が青春」、4月18日(日)はラジオ放送劇「宮沢賢治」の朗読と、趣味のハーモニカ演奏も。入場無料。
 展示会/4月10日(土)~18日(日)10時~16時30分
 場所/大洞院ギャラリー(柏市花野井1757 TEL 04・7132・5868)



我孫子、流山で開催
森かずおさん追悼展

 2019年11月に68歳で亡くなった柏市の写真家森かずお(本名・一男)さんの追悼展が我孫子、流山両市で開かれる。デジタルカメラ主流の中で、フィルムカメラにこだわって撮影した作品などが展示される。
 JR我孫子駅南口近くの香取神社では3月28日、森さんを「兄貴」と呼んで交流した市民グループ「オキクルミ」が企画する。
 「アートと音楽のイベント・兄貴の時間」として、境内に手賀沼などの100点近い写真、ゆかりのアーチストによる書、彫刻、版画、染め物などを展示。社務所のベランダでギター、津軽三味線、アコーディオンに舞踊などの舞台も披露する。オキクルミの秋元佐予さんは「兄貴が楽しんでくれそうなものを考えた。『ふっと兄貴が現れそうだ』と思うようなものにしたい」という。遺品となった撮影済みのフィルム約200本を現像する募金箱が会場に置かれる。入場無料で雨天は順延。問い合わせはオキクルミ(TEL 090・9371・1889)へ。
 流山市では「森の美術館」が「森かずお写真展~ありのままの一瞬~」を4月1日~5月16日(第1期)、5月19日~6月27日(第2期)に開催。手賀沼や県北西部八十八カ所の札所を巡る「東葛・印旛大師講」などの約140点を2回に分けて展示する。
 入場料大人600円、中学・高校生300円、小学生以下無料。問い合わせは同館(TEL 04・7136・2207)へ。

 森さんは旧沼南町生まれ。中学3年の時、親戚から借りたカメラで近所の茅葺き民家を撮り回った。35㍉や大判フィルムのカメラで撮影を続け、公募美術団体・三軌会の写真展で手賀沼の作品が文部科学大臣賞に輝くなど数々の受賞歴がある。



3/20~4/18
ワンこ・ニャンこ・フクロウ展

  人気のワンこ、ニャンこに、強いパワーを願う幸運祈願の鳥フクロウが仲間入り。陶器、ガラス、アイアンなど300匹程が勢揃い。入場無料。即売会も実施。

日時/3月20日(土)~4月18日(日) 11時~18時
場所/ギャラリーよし(流山市加4―1693―2)
 詳細は、TEL 04(7157)8144同ギャラリー。



我孫子
第18回市民観桜会

 我孫子ゴルフ倶楽部のフェアウェイを散策。3月29日(月)10時~16時。入場は15時までに五本松公園向かい側特設入口より。参加費100円。検温、健康チェック、連絡先の記入・マスク着用など感染防止にご協力を。運動靴着用で。喫煙、飲食(清涼飲料水は可)、ペット、ゴルフなどの球技は禁止。※雨天中止 ※急きょ、中止の場合もあり。 詳細は、TEL 090(6034)9149 我孫子の景観を育てる会。



   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ