命のバトン152  農文化を食卓に

過去の話題一覧

野田市のブランド「黒酢米」
玄米黒酢を散布、低農薬で

 「自然にやさしい、人にやさしい」がスローガンの野田市産ブランド「黒酢米」の新米が人気だ。今年は市内の田んぼの半分に匹敵する512㌶に作付けされた。
 2009(平成21)年から化学合成農薬、化学肥料を通常の半分以下に減らす、病気に強い丈夫な稲を作るサプリメントとして、アミノ酸などを含んだ玄米黒酢を空中散布。「安全で安心な米」として、市内小中学校の学校給食で使われている。
 江戸時代から農家という同市船形の「セノウファーム」経営瀬能良一さん(72)は耕作する18㌶のうち、10㌶で「黒酢米」を生産する。収穫期を迎えて忙しい。
 「うまい米を作りたい」として、タネの段階から農薬を使わず、お湯に浸して種子伝染性の病害虫を防除したり、収穫後に稲わらを田んぼにすき込んで有機肥料化したり。玄米を光選別機にかけてよいものだけを出荷する。
 瀬能さんらの「黒酢米」を扱う農産物直売所「ゆめあぐり野田」(04・7120・8821)は毎月26日を「お米の日」として1割引きにしている。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ