命のバトン160 農文化を食卓に

過去の話題一覧

「脱サラ」夫婦の野菜作り
スーパーに出荷品ブース

 鎌ケ谷市軽井沢にある「あらき農園」(TEL080・1366・8984)の荒木政治さん(70)、三佐惠さん(66)夫婦=松戸市在住=が「脱サラ」で農業を始めて16年になる。
 代々農家の三女、三佐惠さんが40代で教員をやめ、農薬や化学肥料を使わない野菜作りを始めた。農家の応援もあって徐々に軌道に乗り、出版社勤めの政治さんを誘った。政治さんも定年を待たず退職して「専業」に。
 知人の主婦、定年退職者らがボランティアで手伝いに来る。季節の野菜を作り、スーパーに専用ブースを設け、宅配も手がける。イタリアンレストラン、病院食などにも提供する。
 三佐惠さんは「おいしいって喜んで頂けるのがうれしい」。政治さんは「成長する野菜の変化をみて歩き、おいしい時期を見分けられるようになった」という。旬の野菜情報など週1回発行の「野菜ともだち通信」(A4判)は855号を超えた。宅配は7種類2100円から。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ