命のバトン166 農文化を食卓に

過去の話題一覧

12/16、広々新設棟オープン
道の駅 しょうなん

 

 県道船橋我孫子線手賀大橋のたもとにある「道の駅しょうなん」が12月16日、約3倍の広さの新設棟(写真・柏市提供)をオープンする。
 道の駅しょうなんは、県内8番目の道の駅として2001年にオープンした。「憩いの水辺」手賀沼周辺の観光案内所をはじめ、地元産の野菜が買える農産物直売所や、レストランなどを併設し、ドライブ休憩や手賀沼サイクリングロードを訪れるサイクリストなどに人気のスポットだ。
 今回、約1万3400㎡の既存エリアを、約3万5500㎡拡張。売り場面積を約3倍に拡張した農産物直売所や加工体験室、カフェなどを備えるほか、約300台収容の駐車場、芝生広場なども新設する。
 来年4月には、既存施設にレストランやベーカリーを加え、さらにリニューアルの予定。手賀沼地域のエントランスとしてより多くの人に訪れてもらい、地域の魅力を発信していくという。

 

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ