命のバトン156 農文化を食卓に

過去の話題一覧

甘口でちびっ子がターゲット
「かまたん梨カレー」の誕生

 梨産地の鎌ケ谷市で「かまたん梨カレー(甘口)」が誕生した。同市のマスコットで梨と野菜の妖精「かまたん」を使ったご当地商品。サイダー、スナック菓子、肉まんに続く第4弾だ。
 同市は白井、市川に次ぐ県内の梨どころ。ワインやアイスクリームなどの梨加工食品づくりに取り組んできた。主導する企業組合「鎌ケ谷ブランド館」(井手勝則・代表理事)は今回、ちびっ子に人気のカレーに着目し、梨果実を10%使ったレトルト食品にした。
 「豊水」の果肉をピューレにして豚肉、ニンジン、タマネギ、ショウガなどの具材に加えた。同市梨業組合、JAとうかつ中央の協力で梨を集め、市内に工場がある山屋食品が製品化、売れ行き好調という。
 井手代表理事は「農商工連携の商品。小学3年生以下をターゲットに市の認知度を上げたい」という。
 1袋150㌘入り税込み248円。新鎌ヶ谷駅前のイオン鎌ケ谷ショッピングセンター内「鎌ケ谷ブランド館」(TEL047・401・6718)で販売している。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ