命のバトン153  農文化を食卓に

過去の話題一覧

手作り「ますだのかきもち」
懐かしい素朴な味

 柏市のふるさと納税返礼品の一つ「ますだのかきもち」は、田園が広がる同市布瀬(旧沼南町)に工場がある。
 代々農家だった先代の故増田昌行社長が1972(昭和47)年に丸増商事を創業。九州や四国、中国から仕入れたショウガの加工、販売を始めた。
 鏡餅などを欠いて干し、揚げて食べる「かきもち」は95(平成7)年から手作業で試作を重ね、3年後に工場を増設して本格生産を始めた。
 材料は国産のモチ米。蒸して機械で練り上げ、板状にしてから裁断する。この間、寒風に晒すなど自然乾燥に時間をかける。220度で10分ほど揚げるが、気温、湿度に左右されるため、熟練職人が培った目と手で加減する。
 「しょうゆ」「しお」「唐がらし」「唐がらし(大辛)」味の1袋150㌘入り4種類。1袋税込み324円で柏、我孫子両市のイトーヨーカドーなどで売っている。
 同社専務の宮本暁子さんは「育った職人の技を受け継ぐことが大切。要望のある黒コショウ味にも挑戦したい」という。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ