命のバトン158 農文化を食卓に

過去の話題一覧

我孫子・新木小6年生
トマト作りにチャレンジ

 我孫子市立新木小学校6年生が2019(令和元)年度からトマト作りに取り組んでいる。収穫後、初年度はジャムに、20年度はケチャップに加工し「あらきっ子直売所」を設けて市販した。
 横山悦子校長が「野菜作りを通じて、生きる力を学んでほしい」と学校の畑で栽培を始めた。20年度は6年生3クラスの95人が37㌔を収穫。ケチャップの味はみんなで試食し、辛めにした。
 柏市の加工業者に頼んで188個を製品化。11月26日に学校近くに1日だけの「あらきっ子直売所」を開設し、農家から寄付のあったダイコン、キャベツなど野菜と一緒に一瓶80㌘入り350円で売った。
 開店前から買い物客が列をつくった。2瓶買った60代男性は「たいしたものだね。どんな味か楽しみだ」と話した。販売スタッフを務めた男児は「草取りや水やりが大変だったが、たくさん取れてよかった」という。新年度も2クラス60人の児童がトマト作りに挑戦する。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ