読者投稿オリジナル童話

過去の話題一覧

もうしないわ

菅原 当栄(鎌ケ谷市 主婦70歳)

 

 こうえんがいっぱいあるまちに、ちいさなおんなのこがいつもじてんしゃにのっていました。そのこは けいちゃんです。おともだちとあそぶのがだいすきです。でもいつもあつまるじかんにおくれてしまいます。
「もっとはやくきてね」
「うん わかった ごめん」をなんかいもくりかえしていました。
きょうもけいちゃんは「きょうは おくれないよー」とひっしにじてんしゃをこいでいます。
「バシャン……」じてんしゃといっしょにいけにおちてしまいました。はやくいかなきゃとまわりをあまりみていなかったのです。
 いけのなかからめだかのおかあさんがでてきました。
「まあ たいへん だいじょうぶ」
「わー いたい どろだらけになっちゃった えーん」
「これからは あわてないように もっとはやく いえをでようね」
「うん もうあわててじてんしゃではしらないよ。もっとはやくいえをでるよ」
「そうそう そうしようね」
 そのひからけいちゃんは おともだちとあそぶとき、はやくいえをでて ゆっくりじてんしゃをこぎました。
「もう しないわ おくれたりしないわ」
「どうろのはながきれいにさいているわ、いままでいそいでじてんしゃをこいでいたのできがつかなかったのね」
 おともだちもけいちゃんにいいました。
「けいちゃん ちこくしなくて いいこだね」
「えへへ、いままで ほんとうに ごめんね」
 それから、おともだちとずっとなかよく あそびました。

 

童話作家緒島英二さんより

 けいちゃんの心の移ろいが、心地よく伝わってきます。ゆったり過ぎる時間の中で小さな宝物を沢山見つけることでしょう。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ