読者投稿オリジナル童話

過去の話題一覧

けんちゃんのやま

船越 ちよみ(柏市 主婦 59歳)

 

  きょうは、パパとママがおでかけなので、おばあちゃんのいえにきた けんちゃん。
 おばあちゃんが、かだんにはなをうえているちかくで、やまをつくりはじめました。
「おばあちゃん てがいたいよー」
「はい、はい。つちがかたいのね」にこにこしながら、おおきなすこっぷでざくっ ざくっとつちをほりだしてくれました。
「おばあちゃん やま、ちっちゃいよー」
「はい、はい。いっぱい、つちをすくおうね」にこにこしながら、すなあそびようのばけつにつちをいれ、どさっ どさっと やまにかけてくれました。
「おばあちゃん おちてきちゃうよー」
「はい、はい。つちがおちないように、かためようね」にこにこしながら、ふるいきのへらをもってきて、ぺたぺたぺたぺたとやまのまわりをかためてくれました。
「おばあちゃん みてー。ぼくのやまだよ」
「はい、はい。けんちゃんのやま おっきいねー。すごいねー」にこにこしながら、おばあちゃんは、ちいさなさんしょくすみれのはなをやまのそばにうえました。
「おはなもけんちゃんのやま、みたいって」
「いいよー」けんちゃんは、にこにこしながらうなづきました。
 それから、ちいさなじょうろになんどもみずをいれ「あめだよー」とやまとおはなにみずをかけました。
 じゃーじゃー どろどろ じゃーじゃー どろどろ やまもおはなもどろみずで ぐったりしました。
「おしまい!」けんちゃんはそういうと、じょうろをしまって、おうちにはいりました。そしてパパとママがむかえにくるまで、たくさんたべて たくさんねむりました。おはなは、おばあちゃんにきれいにしてもらいました。

 

童話作家緒島英二さんより

  おばあちゃんとけんちゃんの、心の交流が自然に描かれています。山には、宝物がいっぱいつまっているでしょう。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ