れすか句会

過去の話題一覧

主題「面」


主席 三面は雪野へ開き神楽舞ふ
(鎌ケ谷市)佐藤 弘

次席 鬼の面とろとろとける日向ぼこ
(白井市)中宮 順子

三席 それぞれの面をはずしてねむる夜
(柏市)松丸 理加子


【選評】
 主席の「三面は」の句は里神楽だろうか。舞台の「三面」が「雪野」へ向かって「開き」という詠みがいい。土の匂いがする「神楽」のダイナミズムを感じさせる。次席の「鬼の面」の句は新春の縁側の情景だろう。「とろとろとける」としたひらがな表記が上手い。三席の「それぞれの」の句は散文的な文体だが、人格が「面」だとすれば、暮れから正月にかけて、それらから解放される感じがうまく表現されている。
 

【募集】
 2月の主題「産声」。「産声の途方に暮れていたるなり 池田 澄子」1月27日㈬必着。投句は葉書一枚につき3句まで(未発表作品に限る)。〒277―0852 柏市旭町1―4―19―3F「れすか句会」係へ。ベスト3の作品に賞品進呈。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ