れすか句会

過去の話題一覧

主題「日暮」


主席 納屋に射す陽の影動く日暮かな
(流山市)大石 優

次席 書き置きに梨のせてある日暮かな
(松戸市)夢野うらら

三席 秋日暮れサーカスの子のひとりぼち
(流山市)山田 良光


【選評】
   主席の句は日照が次第に短くなって行く秋の季感を「影動く」の具体的な描写で見事に表した。次席の句は「書き置きに梨」で不在の家と秋の寂静感のような季感を上手く表した。三席の句は今では見なくなった昭和の光景だが、秋の季感とともに郷愁を感じさせる。いずれの句も表現が具象的で的確だ。「ひとりぼち」をひらいて表したのも「サーカスの子」姿を際立たせていい。
 

【募集】
   11月の主題「色」。「みづいろやつひに立たざる夢の肉 攝津 幸彦」10月27日㈬必着。投句は葉書一枚につき3句まで(未発表作品に限る)。〒277―0852 柏市旭町1―4―19―3F「れすか句会」係へ。ベスト3の作品に賞品進呈。

 

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ