れすか句会

過去の話題一覧

主題「酒」


主席 酒少し付けて帰りぬ花衣
(白井市)中宮 順子

次席 対岸に地酒ととのふ梅見かな
(松戸市)西村 英雄

三席 被災の海父に手向けし花見酒
(松戸市)久保田 みつ江


【選評】
   主席の「酒少し」の句は花弁でなく、「酒少し付けて帰りぬ」がいい。花見の余韻と「花衣」の仄かな色香を感じさせる。次席の「対岸に」の句は地元での気の置けない仲間との「梅見」。桜ではなく「梅見」というのも「地酒ととのふ」新酒の時季を捉えて、春を待ちきれない様子をうまく詠んでいる。三席の「被災の海」の句は東日本の震災後10年を経たことへの献句だろう。変わらずに来る「花見酒」の循環に、父の黄泉がえりを願う心すらも感じられる。 選者 研生 英午
 

【募集】
   5月の主題「基地」。「嘉手納基地戦車を撮れと女が云う 藤後 左右」4月27日(火)必着。投句は葉書一枚につき3句まで(未発表作品に限る)。〒277―0852 柏市旭町1―4―19―3F「れすか句会」係へ。ベスト3の作品に賞品進呈。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ