ふなちゃんの音楽ジャングル

過去の話題一覧

一期一会の素晴らしい作品に喝采!!

坂本美雨/「birds fly」

 坂本美雨の歌、平井真美子のピアノ、そして徳澤青弦のチェロが加わり、100周年を迎える重要文化財の自由学園明日館で、音を重ねたり編集することなく生まれた作品『birds fly』が リリースされました。その生々しさ、躍動感、空間の響き……。単に心地良い癒しの作品とだけ言ってはならない、まさに至福のスロー・ミュージックです。
 おおはた雄一とのユニット『おお雨』でも知られる坂本美雨は、坂本龍一と矢野顕子という天才音楽家の両親のもとに生まれました。9歳から高校卒業までニューヨークで過ごし、16歳で「Ryuichi Sakamoto feat. Sister M」名義でデビュー。音楽活動の他に執筆活動、ナレーション、演劇、ラジオのパーソナリティ、さらには動物愛護や児童虐待を減らすために活動などもこなす才媛です。森山直太朗の妻でもあるピアニストの平井真美子は、このアルバムの共同制作者でもありますが、ふたりは以前から共演アルバムを作ろうという構想があったそうです。「生きててよかった、幸せ」と思える世界があるんだよということを示したいと言い、日本人は「不完全なもののなかにある美」に対する理解があると感じると言います。私も本当にそうだよなぁと思うんです。完璧に編集されていない揺らぎのある、同じ空間で寄り添い合うような「室内楽」、ライブ盤のようでライブ盤ではない作品を、ぜひあなたも体感してみてください。臨場感溢れる映像(YouTubeでも見ることができます)も素晴らしいです。
 ちなみに、坂本美雨は私と同じ誕生日なんですよね。えっへっへ。


船守秀一(音楽プロデューサー・http://www2.odn.ne.jp/obbligato/)

 

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ