読者投稿オリジナル童話

過去の話題一覧

未来の約束

関口 麻里子(柏市 パート 53歳)

 

 小学校がお休みの日、ミカはシオリさんに会いに、お家へ行きます。シオリさんは、ミカのばーばです。
 今日もリビングで、シオリさんとお話しをしていると、エプロンのポケットから、赤い色の細長い品物をだしました。「昔の物だけど、よかったら、ミカに持っていてほしいな。万華鏡っていうのよ」
 シオリさんは、万華鏡の中を、見ながら回しています。
「ありがとう」ミカはシオリさんから万華鏡を受け取ると、同じようにして中を見ました。
「きれいだね。私も大人になったら、みんなに喜んでもらえる物をつくりたいなあ」
「そうだね、なれるといいわね」
「はい、今日は帰るよ」
「また、来てね」
 シオリさんは、ふっくらとした笑顔でした。
 ミカがお家をでると、女の子が話しかけてきました。
「ミナミバス停は、どこかわかりますか」
「そこなら家の近くだよ。一緒に行こうよ」
「はい、ありがとう」
 ミカと女の子は、並んで歩きました。
 大通りを八分ぐらい歩くと、きりん公園が見えました。ミカと女の子は公園を歩くと、女の子は花だんのそばにいる、赤と黒のしましま模様の毛虫を見つけました。
「毛虫も時間が流れると、変わっていくけれど、私達はなにになるのかなあ」
 女の子は、つぶやきました。
「私、万華鏡をもらったの。見てほしいなあ」
 ミカは手に持っていた万華鏡を、女の子に渡すと、女の子は万華鏡の中を見ました。
「気持ちがあったかくなる、きれいだね」
「私も大人になったら、気持ちがあたたかくなるような物を、つくりたいと思ってるよ」
「素敵な夢だね、かなえてね、約束よ」
「うん、約束する」
 ミカは大きくうなずきました。
 公園の外には、バス停が見えます。「あれが、ミナミバス停だよ」ミカが言うのと同時に、バスがやって来るのが見えました。
「ありがとう、また、会えたらいいね」
「同じ曜日と時間と場所なら、会えそうだよ。また、会おうね」
 女の子は手を振ってから走ると、空色のスカートがふわりとゆれました。(今度、会った時に名前を聞こう。私も空色のスカートを着てみたいなあ。女の子はどこに行ったのかなあ)ミカは思いました。
 ミカが公園をでると、通りには誰もいません。振り向くと、公園の木々が、風でさらさらとゆれていました。

 

童話作家緒島英二さんより

 堅実な文章力が光ります。登場人物が、とても魅力的に描かれ、物語に引き込まれます。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ