読者投稿オリジナル童話

過去の話題一覧

ズンズン、ズンドコ

ペンネーム 千 恵子(柏市 主婦 65歳)

 

 「まだー」後部座席で美羽は口をとがらせた。
「それにしても遠いわね」
 助手席のママもあきれ顔だ。
「一本道をずっと行くんだって。とってもおしゃれでおいしいレストランだそうだ」
 パパはもう何度も繰り返している。美羽たちは、パパが会社の人から聞いたというレストランに行くところだ。もう家から二時間も走っている。すでに田園風景から山道になってきた。
「もうお腹すいたよ」
 美羽が文句を言うと、ママは後ろを向いた。
「もう五年生なんだからがまんしなさいよ」
「関係ないもん」
 パパは美羽のふくれた顔をバックミラーで見ると、
「美羽の好きなチョコレートケーキがおいしいんだって」とご機嫌を取った。
「それにしても、この道でいいのかしら。パパは方向音痴だから、間違えたんじゃないの」
 ママのとがった声に、
「ズンズン、ズンドコ、マッスグ、スグスグ」
 パパはでたらめな歌を歌いだした。
「あら、道が分かれているわ」
 車が止まった。右の道は少し狭い。左はカーブになっていて、先が見えない。「えーと、右だ」パパが指を指した。
「いいえ、左よ」ママは首を振った。
 二人が車を降りたので、美羽も降りた。
「ちょっと見てくる」 パパが右の道に歩き出すと、ママは、「美羽は車に入っていなさい。カギもしてね」
と言い残して左の道に消えた。
「ちょっとー」仕方なく美羽は車に戻った。あたりはしいんとして物音ひとつしない。次第に美羽は心細くなってきた。(子どもをひとりにさせるなんてー)
しばらくするとパパが右の道からもどってきた。
「どうだった?」美羽はドアを開けた。
「だめだ。この先は行き止まりだ」とパパはため息をついた。「それじゃ、ママの行った方ね」
二人は車に乗ると、左の道をゆっくり走りだした。カーブを過ぎると、突然目の前に真っ白なお城が現れた。真ん中にある塔の屋根は青く輝いている。入口までは色とりどりの花々が咲いて、まるで童話に出てくるお城みたいだ。「ウソー」美羽がおどろいていると、車は駐車場に止まった。美羽は車を降りると、ママを探した。そのとき、「美羽ー」真ん中のバルコニーから、ママが手を振っている。
「ママ、ずるいー」
 美羽はお城にかけ込んだ。

 

童話作家緒島英二さんより

 巧みな文章構成で、楽しく作品世界に引き込まれていきます。人物の描き方も、鮮やかです。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ