命のバトン151  農文化を食卓に

過去の話題一覧

流山のカナルファーム
昔ながらの平飼い鶏の卵

 ブルーベリー畑の一角をネットで囲った所で鶏30羽が元気に歩き回り、えさをついばんでいる。流山市西深井の農園「カナルファーム」(☎070・6578・9461)が平飼いの鶏で採卵する農場だ。
 農園の矢口優子さんは男女3人を育てる母親。「子どもたちに安全なものを食べさせたい」と6年前、都内の家電メーカーを辞めて家業の農家を継いだ。枝豆、小松菜、オカヒジキなど無農薬中心の季節野菜を作る。旧家の自宅にあった井戸小屋を改築した直売店「ido(いど)」に作物を並べている。
 昔ながらの平飼い鶏は昨年から始めた。アメリカで育種開発された「ボリスブラウン」という赤い卵を産む鶏を育てている。周辺は住宅地なので、臭いで迷惑をかけないよう毎日掃除する。えさとして米ぬか、イワシの煮干しなどを与えるが、鶏は農場のブルーベリーの木に飛びつくようにして実を食べる。4月から卵を産むようになり「ベリー卵」として販売する。
 矢口さんは「今は日に30個が限度。これから飼う鶏を増やして生卵だけでなく、加工にも力を入れたい」という。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ