れすか句会

過去の話題一覧

主題「死」


主席 死の淵に石蹴りの線極楽寺
(鎌ケ谷市)佐藤 弘

次席
次席 死化粧を吹き染むばかり青嵐
(柏市)逸見 真三

三席
三席 静寂を散るほかになき病む一葉
(流山市)山田 良光


【選評】
 主席の「死の淵に」の句は「石蹴りの線」という言葉の斡旋がいい。あの世と此処の境が身近になったリアリティーを感じさせる。次席の「死化粧を」の句は一つの「死」を意識させる夏という季感を上手く表している。「吹き染むばかり」の詠みがいい。三席の「静寂を」の句は「死」と向き合う寂静感のようなものを上手く表している。主題のせいか今月は佳句が多かった。
 

【募集】
 9月の主題「流木」。「流木のひとつを父とおもいけり 重松 文江」8月27日㈭必着。投句は葉書一枚につき3句まで(未発表作品に限る)。〒277―0852 柏市旭町1―4―19―3F「れすか句会」係へ。ベスト3の作品に賞品進呈。

   

Copyright(C) 2012 RESUKA Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

朝日れすかPLUSのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

ページトップへ